乱痴気騒ぎから避難して駅前の喫茶店に身を寄せる紳士カップル

「要所、変えません?」
俺は平身低頭で女性(とは言っても自分のママと多田という隣人の女の子の二人だけだが)に断りを入れ、多田と三軒茶屋駅前のカフェに移動することにした。
「いやはや。やっぱこの落ち着いた仕事場のほうが格段に寛ぎますな」
多田は満更でもなさそうな言い回しだった。既婚というのは日頃我慢している食い分、酒が入ると煩わしい群れのヒューマンだろうという先入観を持っていた俺は意図的に多田を酒場やバーなどという類の箇所からは遠ざけようとした。
「すみませんね、こちらの勝手な都合で一方類に……。妻も休職中頃の境遇なもので。そうなるといつの間にか自分の方も酒は控えるように変わるもので」
「なるほど。そういうことでしたか」
さぞかしその場で取り繕ったような言い分だったが多田は妙に納得していたので俺も政策前述そういうことにしておいた。
ひいては多田のいうように「落ち着いた仕事場」などでは決して弱い。ランチには下世話な公ダイアログや芸能ゴシップに関する人気が下々の主婦層の間で盛んに交わされるような、一見するとどこにでもあるようなカフェテラスだったし、カフェでなくとも焼酎一団を取り扱っていない仕事場ならば既にどこでも良かった。ヒゲ脱毛ミュゼ