娘のプチバスケットボールの自主育成献立の考査

こどもがミニバスケットボールの班に加入してから約通年が進行しようとしている。とても上達してきたなと思った。こちら数ヶ月は、四六時中、アカデミーや学童から帰ったら、右ドリブル20回、左側ドリブル20回を3フルセットやらせていらっしゃる。久しぶりに見たら、とても上手にできていた。ドリブルを欠けるバックのコツを敢然とコツをあげてディフェンスからとられないようにボールをガードしているし、手早く著しくボールを付くことができるようになっていた。スピンターンも数か月前よりは上達していた。少数、下位から持ち上げ気味で、審理によっては、倍ドリブルをとられみたいなというのが気になった。ビハイドバックができるようになると1対1の景観でラインナップが伸びるので、それができるように自主発達カリキュラムを調べた。youtubeで調べた箇所、まずは8の単語ドリブルをやらせるのが可愛いということが分かった。ドリブル発達を2フルセットに減らして、8の単語ドリブルを2フルセット取り入れるようにしようと思った。ミュゼ 100