散策中の、実態。可哀想な野生アニマルと遭遇しました。

あたいは、機会の素晴らしい時期になりますと、早朝、散策をしています。今朝も、5時半頃に起きて、散策に。アヤメの集まりロケーションがあり、情景も、冷んやりと気がすばらしく、湿地帯の池のまわりには、ホタルが、出没するらしく、お水もプリティーでした。後々、田植えの終わった、田んぼ路地を歩いていますと、のどかなカエルの悲鳴も聞こえてきました。田んぼ路地から、少し大きい公道に出まして、早朝とはいえ、自動車も通りますので、歩道を風景を見ながら、歩いていますと、歩道の先の顧客に、黒色といいますか灰色といいますか、モコっとした小物が、猫にしては、激しく、タヌキにしては、巣穴にある暇ではと、思いながら、遠目から見ていました。望ましく見ると、ハクビシンだ。身体のおっきい顧客は、たいてい父兄なのか、まだまだ、動きません。その隣で、乳児のハクビシンが、状況がわからない容貌で、父兄を見てました。可哀相と、思いながらも、見ていますと、乳児は、自動車の会話に驚いたのか、手早く歩道お隣のジャングルの中に、逃げて行きました。私の住んでおる周辺も、新しい路地が出来たり、建物が建ったりと、以前とは違う環境になってきました。自然の中で過ごす生き物にとって、自動車に跳ねられることは、まさかの事柄だったのではと思います。ハクビシンの赤子、逞しく大きくなってくれればと思いました。http://www.fndg.co/aiful/