某都知事威力?ちっちゃな乳幼児も「受け取り」!

きょう、分け前の就労でレジをしていると、とある知人からレシートを書いてほしいと言われました。タイトルのところは書かなくてすばらしいということでした。無論よくあることなので直ちに書いたのですが、その次の知人もタイトルの無いレシートがほしいとの所。しかし、その知人というのが、小学生低学年くらいで、近くに父兄らしいひとはおらず賜物は108円でした。
とき、イタズラ?と思いました。それとも前の知人の真似をしてみたのでしょうか?
あるいは、某都知事のお陰で新聞紙やTVでしょっちゅう取りあげられていたため、簡単に手に入るならレシートがほしいと思ったのでしょうか?
しかし、両親に頼まれたという可能性も否定できません。職務などで使わないとは限らない賜物でしたので。
結局、わたくしはレシートを書きました。後に他の人々が並んでいるし、108円のために時間をかけることはできません。
もしも断ったとしたら、後から不服がくるかもしれませんしね。
もしかしたら、近年ごろは「これがレシートなんだよ!」とお仲良しにひけらかしているのかもしれません。
でも、他にすばらしい対処法を思いつかなかったのです。果して何が正解だったのでしょう?お金 の 借り方